お問い合わせはこちら

東京 ☎03-3259-1511 メールでご相談>

大阪 ☎06-6292-1511 メールでご相談>




古い歴史を誇る、美しい景観と文化遺産に恵まれた国。


ブルガリアと聞いて思い浮かぶのはまず「ヨーグルト」、そして「バラの谷」。世界遺産の宝庫でもあり、山の中にひっそりと佇むリラの僧院、11世紀に建てられたフレスコ画の有名なボヤナ教会、鮮明にフレスコ画の残っているイヴァノヴォの岩窟教会など。バルカン半島の要地にあるこの国は常に異民族からの干渉を受け、オスマントルコには14世紀後半からおよそ500年間も支配され続けていました。山奥の僧院や岩窟教会が今も多く残っているのは、そのような歴史的背景が大きく影響しています。静かで美しいバルカン半島の田舎町に滞在し、ブルガリアの人たちの生活文化をより深く感じる、そんな旅がおすすめです。

リラの僧院ページトップへ>

リラの僧院
Rila
Monastery
ビサンチン様式の美しき至宝、
ブルガリア正教の総本山リラの僧院。

ブルガリアの首都ソフィアから、南へ約120㎞。曲がりくねった山道を走ること2時間あまり。標高1147mの山奥に突如として現れるリラの僧院。総面積8800ヘクタールの敷地に立つ、ブルガリア正教の総本山で、これほど辺鄙な場所にあっても、長い間宗教や文化の中心であり、ブルガリア人の誇りであり続けてきたのです。ビザンチン文化の至宝として、1983年に世界遺産に登録されました。中心的な建物である聖母聖堂は、その外部と内部が全部で1200ものフレスコ画で埋め尽くされているのが壮観。2階部分の回廊を歩いて回ると、さまざまな角度から僧院の姿を堪能でき、その姿は限りなく神聖で、いくら眺めても飽きることがないほどの魅力を秘めています。


ペリコタルノボページトップへ>

ペリコタルノボ
Veliko
Tarnovo
バルカン山脈の切り立った崖にある
ブルガリア一美しい古都

バルカン山脈の東部に位置する古都ベリコタルノボは、町を蛇行する川といくつもの丘の緑に彩られた、自然美に満ちた地方都市です。旧市街の古い町並みの美しさには息を呑むほどで、東欧でも指折りの情緒溢れる町なのです。中世のような赤レンガ色の瓦屋根が密集した風景が緑の中で独特の風景を生み出しています。石畳の小道を散策していると、宗教画イコンが飾られた古い教会や、美術館、博物館などが見つかります。またチャルシャと呼ばれる市場では、陶器や金銀細工、織物に革製品など、職人の手作りの品々が並べられ売られているのが見られます。また郷土料理を味わえる小さなレストランもあって、食べ歩きやショッピングも楽しめます。


プロブディフページトップへ>

プロブディフ
Plovdiv
「画家が夢を見、地図職人が悪夢を
見る」迷路のように入り組む旧市街

ブルガリア中部のトラキア平原に位置するプロブディフ。首都ソフィアの南東125kmにあるブルガリア第2の都市です。その歴史は古く、紀元前4世紀にはマケドニアの主要都市のひとつに数えられていたといいます。その後ローマ帝国やブルガリア帝国、そしてオスマントルコの支配下に置かれるなど、長い波乱に飛んだ歴史が、この町にさまざまな遺産を残しています。旧市街の断崖に位置するローマ円形劇場跡は壮大で必見。また緑色の鐘楼が目を引く聖コンスタンティン・エレナ教会は、中に入ると花や鳥の壁画で飾られ、美しいイコンも貼り巡らされています。街中ではこの地方独特の2階3階が張り出したユニークな木骨組みの家が印象的です。


ソフィアページトップへ>

ソフィア
Sofia
ヴィトシャ山のふもとに位置する、
ヨーロッパ最古の歴史ある都市。

周囲を山々に囲まれた標高550mの高原都市ソフィア。ヨーロッパの中では、マドリードに次ぐ高地にある首都として知られています。長い歴史を持つ都市だけに、その見どころは多彩です。ブルガリア正教会やロシア正教会をはじめ、数多くの教会や美術館、博物館などが町中に点在しています。なかでもアレクサンダル・ネフスキー寺院はバルカン半島最大にして最も美しい寺院といわれ、黄金のドーム屋根をはじめ12ものドームからなり、収容人員5000人の規模を誇っています。また絶対に見逃せないのがブルガリア正教の総本山である世界遺産のリラの僧院です。ソフィアの南120kmの山奥に突如として現れる壮麗な僧院の姿に感動するはずです。


コプリフシティツァページトップへ>

コプリフシティツァ
Koprivshtitsa
美しい町並みが残る
「美術館都市」コプリフシティツァ

ソフィアの東、車で約2時間のところの小さな田舎町コプリフシティツァ。標高1060m、周りを山に囲まれた避暑地としても知られる歴史ある村です。19世紀、バロック様式と民族復興様式がミックスした新しい建築様式の豪華な邸宅が多く建てられ今なお保存されています。「美術館都市」として古い町並みがそのまま博物館のような趣きを見せてくれます。邸宅の家主の名前をそのまま使った「オスレコフハウス」とか「ベンコフスキハウス」など、古い邸宅をハウスミュージアムとして、観光客にも公開してくれています。古いブルガリアの建築様式のみならず、インテリアや家具調度品、そして人々の暮らしぶりなども垣間見るのは楽しい体験となるはずです。


バラの谷ページトップへ>

バラの谷
Rozova
dolina
訪れるなら、是非バラの美しい季節に

ブルガリアの中央を東西に走るバルカン山脈とスレドナ・ゴラ山脈にはさまれた一帯はバラの谷と呼ばれています。この地方が香油用のダマスク・ローズの生育に適していて、バラ畑は広大な谷の各地に点在しているためそう名付けられました。6月の初めには毎年「バラ祭り」が開催されています。かつては村ごとの民俗的な収穫祭だったものが、近年海外からも観光客を集める一大フェスティバルとして定着しています。約1週間かけて民族舞踊や音楽祭が開かれ、広大なバラ畑ではバラ摘みの体験ができます。ピンク一色のカザンラクに訪れ、町中で香るバラの香りにつつまれてみてはいかがでしょうか。


トドロフワイナリーページトップへ>

トドロフワイナリー
Todoroff
Winery
ワインティスティングで
お気に入りのワインに出会う旅

ブルガリアは知る人ぞ知る欧州屈指のワイン大国!プロブディフから車で約30分いくと葡萄畑が辺り一面広がり、その一角にこのトドロフワイナリーはあります。このワイナリーはホテル・スパを併設しており、ここで作るワインと宿泊も楽しむことができます。ここでの楽しみはワインテイスティング!ワイナリーでワインの貯蔵庫を見学し、数種類のワインのできる工程、葡萄の種類の違いなどの説明を受け実際に試飲します。ワインはホテルでも販売しているのでお気に入りのワインをお土産に購入してはいかがでしょうか。ワインを楽しみながらの夕食も楽しみです。ブルガリアの旅の楽しみの一つにワイナリーでの滞在を入れてみるのはいかがでしょうか。